中津市、安田理香洋裁室。

着物リメイクデザイナー。婦人服、オーダーメイド、お直しのプロです💞

シルク専用の洗剤。デンマーク製。

洋裁の色々

着物リメイクをしていると、お客様、それぞれ洗濯方法の考えが

違います。

水を通して良い着物は、ほどいてから柔軟剤で手洗いをして

風通しの良い陽影で干すと、気持ちいいですね✨

ウールに絹が入っている素材もありますが。

一番 気になる正絹の着物は、難しいです。

洗ったら色が落ちるものもあるので、プロの方に頼んだほうがいいです。

洗濯方法は、お客様にお任せで、私は責任はもてません。

この画像の洗剤は、シルク専用の洗剤です。

外国製の洗剤の方が 進んでいるように思います。

洗える絹の着物は、こういうものがあります。

日本製の柔軟剤だと、縮んだぶんが厚みがでたりしわがとれにくかったり

風合いが損なわれるように思います。

この洗剤は、シルクの風合いが保たれると書いています。

私も、まだ試してませんので、参考までに、で、お願いします。

私もまだ、研究中です。

着物は、服の形になっても 着物と同じ扱いをして下さい。

主人のスーツなど、いつも、アメリカ製の洗剤で洗ってプレスしていました。

洋裁をしてるのでプレスのこつや、アイロンかけの道具がありますので

クリーニングはあまり出しません。

私が分かる範囲で書きました。

洗い張りをしてからリメイクを頼まれる事もあります。

私も、これから色々と研究していきたいと思います。

布の端っこで試してみる、必ずほどいてからです。

おくみや袖は大切な布です。

できれば、小物を作るときは服を作った後に残った布で

作って下さい。

詳しい方がいらっしゃったら 是非教えて下さいね🎵
スポンサーサイト

ジャケット、完成❕

洋裁の色々

ニット生地なので、裏地も、ゆるみを多く仕上げました。

私が、試着してみると やはり軽くて柔らかい仕上げになっていました。

前は、付き合わせでも 良かったけど 体型が変わっても着られるように

前は ホックになっています🎵

ウールの着物を沢山頂きました🎵

洋裁の色々


絹の着物もブログで紹介しましたが、ウールの着物を沢山頂きました。

可愛いものばかりです。🌼ウールは服にしやすいのでほしかったので

嬉しいです💞

ドレスにも、スーツにも、ワンピースにもしやすいです。

絹も 高級感があります。

着物リメイクは 本当に素敵な服になります。

夢が膨らみます。🌼


セットアップ。ズボンにも裏地つけました。

洋裁の色々


セットアップのニット生地でジャケットとパンツを作ってます。🌼

裏地をつけてます。

今日は、パンツをお客様にお渡ししました。

ジャケットのほうは、あとは手縫い作業をチクチクやっていきます。

ジャケットは、作業台いっぱいに広げて しつけを打ちながら

裏地をはっていきます。

ゆっくり頑張ります🌼

大変な仕事は、コート。暖かい仕様を考えています。まだ、先になりますが。

洋裁は、落ち着いた気持ちで 柔らかな気持ちでしたいものです。

それが なかなか、時間に追われたり 神経質になったりしますけど

心がけるだけでも ちがってくるかな?って思って。


ニットの生地でジャケットとパンツ、まだ作業途中。

洋裁の色々

はじめは、カーディガンにしようと思ったけど、しっかりとした

生地なので、ジャケットにしようと思いました。

まだ作業途中です。

きりがついたら、先に部屋着のパンツを急いで作ります。

まだ パンツや、コートがあります。

7月から、縫いっぱなしなので ちょっと、休憩を入れようって

思っています。🌼

気分転換も、いい仕事をするための大事な時間です。

色んな服を見て歩いたり、可愛い小物やバックを見て歩いたり。


今回は、ブレードをあしらうなど、してみます。

ネックレスがあまり 合ってなくてすみません😢⤵⤵



このページのトップへ